2013-08-12

クラルンプール(マレーシア)

インド行きの飛行機の航路上、マレーシアで観光が可能だったので降りてみたところ、なんともキレイな空港!
さすが「今外国人が住みたい国No.1(空港の看板より)」。
とはいえこの種の国はいったん市内に行くと定番の客引きと物乞いの洗礼を受けるのが定番のパターンなので、やたらと綺麗で便利な空港ー市内の直通列車に乗って多少油断しつつも着いてみると、まあなんと市内はメトロならぬモノレールで観光しながら移動できるようになっていてほんとにビックリ、町に出てみても強引な客引きや物乞いは少ない。

ちなみにマレーシアはイスラム教国家なので、礼拝場モスクがたくさんあるけれど、そのキレイな事といったらもう(興味のある方は小田急線代々木上原前にあるモスクをお勧めします)、特に夜ライトアップされた横をモノレールで通り過ぎる瞬間は筆舌に尽くし難い。
町中では特定の時間に宗教歌アザーンが爆音で流れるけど、これが上のタイミングに重なる時なんかはBGM付きな感じで満足度100%請け合いです、夕暮れ時の礼拝時間のモノレール移動は異国情緒たっぷりで特にお勧め。

2013-08-12

マラッカ(マレーシア)

マラッカ海峡という地名を聞いた事は?
ヨーロッパの国々が世界各地に赴いた大航海時代にアジア貿易の要所として各国で奪い合いになった場所、そしてそこにある町がマラッカ。
古来多くの中国人が移民し、現地のマレー人と結婚し作り上げたプラナカン文化と言う独特の文化体系があって、しかも前記のようにオランダやポルトガル、イギリスの影響も色濃く残っていて、世界遺産の認定も納得な観光名所。

目的地に向かって横に長い巨大ショッピングセンターが見えたから、炎天下だし迷わず入るとなんと「ここは香港?」と言うくらいチャイナ率が高くてびっくり。
というのもクアラルンプールはほぼどこでも中国系、マレー系、インド系が均等に歩いていたのに、そのセンターは歩いてて中国語で勧誘を受けてしまうほど東アジアルッキングな人が多かった。
そして目的地のプラナカンエリアに行ってみると中華街、でこれまた観光客以外はチャイニーズ(マレーはどこに?)。
あと少し離れた場所にポルトガル村なるものがあったようだけど、一日の滞在では廻り切れず残念。。。

2013-11-24

バンガロール(インド)

前回は忙しく色々回ったので、今回は狙いを付けて同じ場所でロングステイをするというのがひとつの狙い。
前回の旅行から北インドは人当たりや滞在費がかなりシビアなのが分かっていたので、必然的に南インドに目が向く。
というわけで近年ITタウンとして世界的に名を馳せてきて久しい、しかも前回いけなかったバンガロールから。
まず空港は首都のデリーや一番の大都市ムンバイに比べてなにせ明るく新しい。
嬉しい誤算に期待しつつ町中へ、するとなんと人々が凝視してこない!
インド旅行のひとつの難関が実は「人々の遠慮のない凝視」であることは知る人ぞ知るところだと思う。

下痢やボッタクリは当然辛いのだけど、この凝視もボディブローのようにジワジワと聞いてきて、前回の旅行中にある日炎天下で「いいかげん見るのをやめてくれ!」と誰にでもなく叫びたくなったのを覚えている。
とにかくそういう凝視もなく、英語も話しかけるほとんどの人に通じるし、物価の高さと排気ガスの濃さ以外の部分ではかなりよいところだなあと思った。
より田舎に移動すれば上記の問題は必然的に改善されるはずなので、ロングステイという意味では良いスタートを切った思い普段行かないハードロックカフェなんぞにいってしまった。
ちなみに南インドは宗教的な理由で菜食主義と特に禁酒がかなり一般的に根付いていて、お酒を飲める場所が少ないので上記のような特定の場所でしか開放的には飲めない模様。

2013-11-24

トリヴァンドラム(インド)

インドをアラビア海を面して南下していくとトリヴァンドラムという町を通る。
ムンバイ、チェンナイ、バンガロールなどの大都市にくらべると小都市といった感じで、排気ガスの量も比例して減少し、幾分呼吸が楽かもしれない。
しかし一通り歩いてみたけどどうも特徴がない、セールスポイントはインド大陸の先端のコモリン岬に近い最後の小都市だけか?

泊まったホテル内のレストランに南インドの定食「ミールス」があったので食べてみると、やはりその辺の掘ったて小屋で食べるミールスとは違う繊細な味でちょっと気が晴れる。
オカズも10種類くらいあって、しかもちゃんとバナナの葉っぱに載って出てきた!
庶民食堂のミールスは値段も半額以下だけど、味付けも大味でオカズも5個以下だった。。。

2013-11-24

コヴァラム(インド)

場所は問わずとりあえず同じ場所で2週間くらい滞在しようと思っていたところ、やはりコヴァラムはその条件を備えた場所だった。
条件と言っても、
1、規模が小さく徒歩で廻れる
2、適度に観光地で飲食のチョイスに困らない
くらいだけど。
とにかくインド有数の観光ビーチということもあり、暑い中ビールが堂々と飲める。
泊まるところも長期宿泊にはかなりの割引をしてくれたし、これから毎日顔を合わせると思われる近所の人たちもなかなかナイスな感じ。
500メートル以上の浜辺にずらっとオープンエアーなレストランが並んでいて、夜は店頭にディスプレイされているその日に揚がったばかりの魚介を料理して出すんだそう。
当然値段は張るけれど、浜辺の席でビールが200円以下で豪華海鮮セットも1000円以下なら食べてみたい誘惑にかられる。

浜辺から一歩入るといきなり迷路的なジャングルに掘っ立て小屋レストランが乱立しているような状態だけど、さすがに値段も安い、ただ夜は街灯がなく真っ暗。。。
星やその他のかすかな光を頼りにお目当ての店に辿り着いた時の達成感はなかなかのもの。
ジャングルの食堂は現地向けなのか大体がピュア・ベジタリアンだけど、仕入れが野菜だけだから安く上がるのか野菜カレーとご飯で150円以下と安価なのが嬉しい限り。
肉、魚が食べたい時、波の音を聞きながら食べたい時、ゆっくりビールが飲みたい時、なんかは海際組へ。
野菜が食べたい時、ケチりたい時や軽い食事でいい時、食事前にちょっとした冒険気分を味わいたい時、なんかはジャングル組。
というチョイスがあるのは素晴らしい。
これにビール以外の酒もあれば言うことなしですが、そこまでは言いますまい。

一週間経つとさすがに迷路のようなジャングルにも慣れてきて、散歩中に見つけたある掘っ立て小屋レストラン(見た目は近所で最安値っぽい)で南インド定食のミールスをトライしてみた。
昼から日陰で真っ暗闇、テーブル下の蚊はまだしもテーブル上を蟻やよく分からない虫が徘徊していて、はたき落としても落としてもどっからともなく現れてくるので油断も隙もない。
とりあえずミールスを頼む。
店はさすがに観光客はいなく、数組の地元客らしき方達が伝統的に手食(手で食べること)していた。
「浄と不浄の宗教原理が込められた神聖なるマナー」と話には聞いてても、正直寿司とオニギリ以外の米を手で食べることに慣れていないので「フォークかスプーンがなかったらどうすれば?」と心配しているうちに銀の定食プレートに乗って来た、本当はバナナの葉に盛られてくるのだが、その分めちゃくちゃ安いはずなんで気にしない。

ちなみにミールスとは汁状の野菜カレーと付け合わせの野菜をご飯に混ぜながら食べるかんじで、日本風だとご飯にみそ汁をかけてノリでお新香も混ぜちゃえみたいな感じか。
それを右手のみで黙々と食べる姿はなかなかの迫力で(こういう心情を表現するのは写真だと難しい)。
もちろん除菌シートを数枚持参してたのでいざとなれば、と思っていたらあっさりとスプーンを付けてくれた、しかもキレイなスプーンだったので除菌シートは出番なしで御厚意を素直に受けた。
味は?というといたって75円な味だったけど、お代わりし放題なところは太っ腹。