2013-08-12

マラッカ(マレーシア)

マラッカ海峡という地名を聞いた事は?
ヨーロッパの国々が世界各地に赴いた大航海時代にアジア貿易の要所として各国で奪い合いになった場所、そしてそこにある町がマラッカ。
古来多くの中国人が移民し、現地のマレー人と結婚し作り上げたプラナカン文化と言う独特の文化体系があって、しかも前記のようにオランダやポルトガル、イギリスの影響も色濃く残っていて、世界遺産の認定も納得な観光名所。

目的地に向かって横に長い巨大ショッピングセンターが見えたから、炎天下だし迷わず入るとなんと「ここは香港?」と言うくらいチャイナ率が高くてびっくり。
というのもクアラルンプールはほぼどこでも中国系、マレー系、インド系が均等に歩いていたのに、そのセンターは歩いてて中国語で勧誘を受けてしまうほど東アジアルッキングな人が多かった。
そして目的地のプラナカンエリアに行ってみると中華街、でこれまた観光客以外はチャイニーズ(マレーはどこに?)。
あと少し離れた場所にポルトガル村なるものがあったようだけど、一日の滞在では廻り切れず残念。。。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する