2014-12-23

ヘシフェ(ブラジル)

ヘシフェとはペルナンブーコ州の州都で電車もかなり網羅されている都会である。
その分ホテルも高いこともあり、オリンダからバスで30分なので、この際通い観光をすることにする。

バス停にいる時にここでもアジア人が珍しかったのか、中学生くらいの女子二人組に暇つぶしに話しかけられる。
「ポルトガル語がよくわからんから、悪いね」
と牽制するが、お構いなしにゲラゲラ笑いながら話してくるから、ここはひとつ会話練習に入ってみる。
片方のポルトガル語がやたらとアフリカンな感じ(知り合いのアフリカ人が話す英語の訛りに似てたので)で聞き取りづらく、もう一人にちょくちょく言い直してもらったりするたびに、なにがそこまで面白いのかゲラゲラ笑われたりしているうちにバスが来たのでさよならする。

途中の道はガタガタで、いくつか渡った川は異臭を放っていていやが応にも都会感を演出してくる。
とりあえずビーチをぶらつくが、リオの海岸から岩山がみえる景色を見たあとなのですぐ飽きる。
歩いて行こうと思うが、人に聞いたら無謀な考えらしいのでバスに乗って旧市街地に行く。
そこはすごく整理されていて、フレボーと言う地元特有の音楽スタイルの博物館まであり楽しめた。
そこからまた1時間ほど歩いて新市街地の方を散歩してみる、雰囲気は物騒だが見てくる人も少なく危ない感じはない。

夜にオリンダに帰ってきて、高台にある屋台村に夕飯の物色に行く途中、打楽器が聞こえてきたので近づいてみる。
すると昼は公園みたいに見えた場所でなにやらウネウネ人影が動いていて、数人が道から見ている。
よく見ると打楽器隊10人くらいをバックにカポエラという伝統舞踊をやっていた。
ラッキーと思いつつも、どうやら皆酒を飲みながらやっているようで興奮度も高く、どことなく不穏というか緊張感も漂っている。
ブラジル人の観光客もあまり近くによって見ようとはしていなく、しばらくは道からみていたが、徐々に数グループが近くで見だしたので便乗する。
間近でみるとやはり酔っているからか、早い蹴りの動作が入るとつい当たったりしてしまっていて(当たると「おお、悪い悪い」みたいに抱き合う)、打楽器と歌の宗教的な感じの繰り返しも妙に興奮を掻き立てる。
しかもなぜかこの後パトカーが来て解散させられてしまう、というどこまでもミステリアスな幕切れであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する