2013-03-13

グラナダ(スペイン)

現地に誰も知り合いいないし、どこ行っていいかもわからないのでとりあえず首都のマドリード行きのチケットを買う。
着いてみたみたところ言葉というか発音の聞き取りが難しい、スペイン訛りが全然理解できなくてかなり焦る(メキシコではかなり聞き取れていたので油断していた)。
時差を戻すのに2日くらい費やしたあとに電車で南部最大の都市セビーリャに行くものの、あまりの都会加減にがっかりして都市の中では比較的奥地にあるグラナダに行く。
町の中心部から少し離れた相部屋制ゲストハウスで地図をみていると相部屋の人が帰ってきた、なんでもオーストラリアの人だそうで
「町にいいバーがあるから今夜飲みにいこう、店員が地元の大学で短期語学コースをとってるからスペイン語コースの情報もきけるかもよ?」
と誘ってくれたのでヒマだし行かない手はない。
行って見るとえらくスペインらしくないアイリッシュパブで親子二人でやっているようだった、とりあえず情報収集がてら息子さんと話し始める。
どうやら短期コースには外国人用のスペイン語もあるらしい、しかも明日は学校でパーティーがあるから来れば生徒の日本人とも会えるとのこと(彼はそのうちの一人がお気に入りだったようで日本人つながりから紹介して欲しいっぽかった)。

翌日その学校主催のパーティーに3人で行った。
夏休み中で外国人生徒が多くて多国籍な雰囲気(謎に北欧人多し)、確かに日本人らしき人たちもちらほらいる。
しばらく3人でサングリアを飲んでいると日本人の人達から話しかけて来てくれたので、どさくさに紛れて店員さんにお気に入りの女性を息子さんに紹介したりする。
しかし話してる途中にその女性のボーイフレンドが来てどっかに連れて行ってしまった。。。がともあれ約束を守った自分の律義さに自己満足。
そして早速翌週からの語学コースに入学、クラスにはオランダ人が多くどうやら学校か何かの集団語学留学の模様。
あと特筆すべきは食堂で酒を出す、休み時間に生徒や先生問わず軽く一杯やっている。
ここで食事時間についてだが、飲む感覚も違えば食事の感覚も違うのは当たり前。
朝はみなさんまちまちらしいけど、お昼は14時以降で夕飯は21時以降がレギュラータイムのようだ。
しかもランチのセットドリンクが「水かビールかワイン」のパターンが多いからか15時過ぎは明らかに酔ってる歩行者が続出する、これはまさにカルチャーショック(お酒好きは同じスペイン語圏でもメキシコ以上だと思う)。
昼は定食をもりもり食べる、そして夜はバーで一杯頼むと付いてくるオカズ(タパス)目当てに何件もハシゴするのがグラナダスタイル。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する